TOP > Holistic Beauty Tips > ストレスを感じた時のセルフバランスコントロール
HEART SPA
2018/05/11

ストレスを感じた時のセルフバランスコントロール

Holistic Beauty Tips

新年度がスタートして一ヶ月が過ぎました。ご自身はもとよりご家族の入園・進学・就職・異動などで生活環境や職場環境が変化した方も多いのではないでしょうか。 そんな頑張りすぎた方が身体も気もちも少しだけ疲れてくるのがゴールデンウィーク明け。朝夕と日中での寒暖差やゴールデンウィークの疲れも相まって、環境変化によるストレスが不調として表れやすい時期だと言われています。 無意識にため息をついていたら、今の自分の状態をチェックしてみましょう。

「環境変化ストレスチェック」
□ 気もちが晴れない
□ イライラする
□ やる気がでない
□ 身体がだるく感じる
□ 寝つきが悪い
□ 夜中に目が覚める

1つでも当てはまった人は、身体と気もちが緊張で張りつめ疲れているサインかもしれません。そんな時は少しひと休みして、自分をいたわってあげましょう。

ストレス不調の原因の1つは自律神経のバランスの乱れかも?

自律神経は自分の意思とは関係なく生きるために必要な機能を調整してくれる神経で、心身を緊張、興奮させる「交感神経」とリラックスさせる「副交感神経」からなり、この2つがシーソーように切り替わるのが正常な状態です。 しかし、環境が変わったり、仕事で行き詰まったり、人間関係のトラブル等でストレスにさらされると困難に対抗するために交感神経が優位な緊張状態となり、副交感神経に切り替わりにくくなります。それにより自律神経のバランスが崩れ、心身の不調が起こりやすくなるのです。

身体と気もちが疲れているな…と感じたら
ストレスに負けないための3つのテクニック

①深呼吸

自律神経のバランスを整える方法の中で最も簡単なのが深呼吸。ゆっくりと息を吸いこみ、少しずつ長く吐くことを意識すると、副交感神経の働きが高まり、身体も気もちもリラックスしている状態になります。

②マッサージ

家事や仕事の合間に、爪をもんだり耳をマッサージすることもオススメです。 爪のマッサージは、爪の付け根を横からつまんで10秒間指圧。薬指は交感神経の働きを高めてしまうので避けるのが無難です。耳のマッサージは、前に倒したりひっぱったりしてみましょう。ポイントはいたわるようにやさしくすることです。

③アロマ/ハーブティ

心地よい香りで身体と気もちをゆるめてリラックス。アロマキャンドルやアロマ加湿器などもいいですが、アロマのハンドクリームやネイルオイルなども手軽に生活に取り入れられるのでオススメです。 またいつものドリンクをハーブティーにしてみてもいいですね。 精油によって特徴が異なり、その日の体調や気分によって香りを選べるところも魅力の一つ。自分の好きな香りを見つけてみてはいかがでしょうか。

[代表的な精油の特徴]
■ ストレスやイライラを和らげる……ローズ、ラベンダー、イランイラン、カモミールなど
■ 眠りの質改善……ラベンダー、カモミール、セージ、ネロリなど
■ 眠気をスッキリさせる……ミント、ユーカリ、ローズマリー、レモングラスなど
■ やる気が出てくる……ゼラニウム、ローズマリー、オレンジ、グレープフルーツなど

ぜひ毎日の習慣に取り入れてみてくださいね。

201805_2.jpg

エステシモ ココサート アミュレアは、香りに包まれ深呼吸することで、気もちの切り替えをサポートする香気ジェル。 手にとって香りを楽しんだ後は、肌になじませ香りをまとうことで、ストレスを感じた時や、寝る前などいつでも手軽に香りを楽しむことができます。
リーン セラム&アミュレア特集

髪、皮膚、気もち、ひとつながり
エステシモブランドサイト