TOP > Holistic Beauty Tips > 春から始める「紫外線攻略ケア」
HOLISTIC
2018/03/16

春から始める「紫外線攻略ケア」

Holistic Beauty Tips

3月に入ると、日焼け止めのCMが増えてきましたね。晴れた日は日差しが強く、日傘をさす女性も見うけられるようになってきました。紫外線量は3月から急激に増えて5月頃がピークになりますが、特にこの時期は乾燥で肌が弱っているところに急に紫外線量が増えるので紫外線ケアが重要な季節です。

気象庁から発信されているUVインデックス<紫外線が人体に及ぼす影響度を表す指数>では、3月から10月は、できるだけ日差しを避けたほうがよいとされており、春のしっかりした紫外線対策が必要だということがわかります。

 201803_2.jpg

紫外線でコワイのは「シミ」「乾燥」「シワ」そして「炎症」といった光老化。また、紫外線はお顔だけでなく、髪や頭皮にもダメージを与えます。また、さらにコワイのは年齢を重ねるとダメージは蓄積され、“ツケが翌年にまわる”ということ。

紫外線を攻略するためには、紫外線と肌との関係を知り、春から適切なケアをすることが大切です。今年は春からしっかり紫外線を攻略しダメージを翌年まで持ち越さないようにしましょう。

1. 紫外線と肌

紫外線は太陽光線に含まれ、波長の長さによりUVA、UVB、UVCの3つに分類されます。直接私たちの肌に影響を与えるのはUVAやUVB。UVAは肌の奥深くまで浸透し、即時黒化やシワやシミを引き起こします。UVBは、比較的浅い部分にしか届きませんが、炎症を引き起こします。紫外線の波長は長いほど透過性が高く、UVAは窓ガラスも透過してしまうため、屋内にいても安心ということはないのです。

2. 日焼けのタイプとプロセス

日焼けには、すぐ赤くなり黒くならない、赤くならずにすぐ黒くなるなど、「炎症(サンバーン)」と「黒化(サンタン)」の起こり方で6タイプほどありますが、日本人は「赤くなった後、いつも黒くなる」というタイプが多いといわれています。UVBを受けた肌は最初に「炎症」が起こり日焼け後24時間が炎症のピークになります。炎症が引くのは3日から5日後。黒化は日焼け直後から始まり5日から一週間後がピーク。また、肌の乾燥は、5日後にピークとなり、3ヶ月までもとに戻らない状態が続きます。20代以降はこの紫外線のツケが蓄積し、肌がくすみ、肌老化が加速していってしまうのです。

3. 紫外線徹底攻略ケアのポイント

①徹底プロテクト

「朝のケア」まず肌や髪をしっかり保護し、紫外線に対する抵抗力をつけておきましょう。 肌は保湿効果が高い化粧品で水分・油分をしっかり補い、髪はアウトバストリートメントでキューティクルを保護しましょう。

「外出前のケア」UVカット剤を塗りましょう。UVカット剤の効果をしっかり発揮させるためには、「十分な量をムラなく肌や髪に伸ばすこと」が大切です。また、しっかり定着させるためにはお出かけの15分~30分前にに塗布するのがポイントです。

「日中のケア」UVカット剤は、ウォータープルーフタイプでも汗や衣服による摩擦などが原因で落ちてしまうことがあります。外出中は、「少なくとも2~3時間おきに塗り直すこと」が大切です。スプレー式の日焼け止めは、全身に手軽に塗り直せるのでおすすめです。

②徹底保湿

帰宅後はなるべく早く、そして、やさしくメイクを落とし、ほてりがある場合は濡れタオルなどでお肌を冷やします。炎症によって傷ついた角質層の剥がれや不完全な角質層バリアの保湿力を補うために、通常より念入りに保湿ケアを行いましょう。化粧品は手のひらに肌が吸いつくようなもっちり感がでるまで重ねづけしましょう。

③徹底回復

ぐっすり眠ると“メラトニン”というホルモンが分泌されます。メラトニンは“睡眠ホルモン”といわれメラニンを代謝する働きがあるため、しっかり眠ることで透明感のある肌を保つことができます。

紫外線徹底攻略ケアで、紫外線から肌と髪をしっかり守りましょう。

 

紫外線からも乾きからも守りぬく
ソノワ シェイド<全身用日焼けどめ化粧水>

輝き立つ、プラチナ美肌へ
プレサート TCセラム<美容液>

みずみずしく保護し、素肌感アップ
ソノワ ヴェール<美容クリーム・ファンデーション>

エステシモのフェイシャルスパが受けられるサロンはこちら
エステシモのヘッドスパが受けられるサロンはこちら

髪、皮膚、気もち、ひとつながり
エステシモブランドサイト