TOP > Holistic Beauty Tips > 髪のうねりを予防するためのお手入れのポイント
HEAD SPA
2017/06/14

髪のうねりを予防するためのお手入れのポイント

Holistic Beauty Tips

そろそろ全国的に湿度が高い季節に入りますね。この時期は髪がうねってヘアスタイルがくずれることに悩む方が多いのではないでしょうか?
今回は、髪がうねる原因とうねりを予防するためのポイントをご紹介します。

 

髪のうねりの原因は?

①雨の日特有のうねり

髪の形状を保つ結合の1つである水素結合は、乾いたときは強固ですが、濡れると簡単に切れます。空気中の湿気によって水素結合の一部が切断されて髪の形状がゆがみやすくなった状態が、雨の日のうねりです。健康な髪の表面は疎水性(吸水しにくい性質)ですが、日々の摩擦や紫外線などによりキューティクルが損傷すると、髪は吸水しやすくなり、湿気の影響をうけてうねりやすくなります。

②年齢に伴ううねり

加齢に伴ううねりの主な原因は、毛髪の内部構造の偏りと毛髪断面のゆがみです。年齢とともに頭皮の機能が低下すると、髪がつくられるとき内部構造に偏りが生じ、1本の髪に水を吸いやすい場所と吸いにくい場所ができて、その差がうねりを生みます。また、頭皮の弾力が低下すると、毛根がゆがんで髪の断面が扁平になり、うねりが生じます。 

201706_2.jpg

 

タイプ別 髪のうねりを予防するためのお手入れ

雨の日のうねりには、キューティクルをケア!

「髪がザラザラする」「ツヤがない」「毛先が広がる」
こんな方はキューティクルが損傷しているサインです。 出かける前に、損傷したキューティクルを補修するアウトバストリートメントを使うと、湿気に影響をうけにくくなり雨の日のヘアスタイルの崩れを予防できます。

普段から髪がうねりやすい方は、毛髪の内部ケアと頭皮の保湿ケア!

入浴後は、毛髪の構成成分に近いたんぱく質や油分が配合されたアウトバストリートメントで髪内部の密度を高めましょう。洗い流さないアウトバストリートメントは、より“濃く”髪内部を補修することができます。うねり予防には原因にあわせた正しいケアがポイント。サロンでプロに相談し、自分にあったトリートメントでお手入れするのがおすすめです。
また、加齢により頭皮もお顔と同じように乾燥しやすくなります。入浴後は、頭皮用の化粧水や美容液で、頭皮にしっかりうるおいを補いましょう。あわせて、硬くなりやすい額の上、耳上、襟足の生え際の筋肉をほぐすと血流がよくなり髪に栄養が行き届きやすくなります。

今の髪と未来の美髪のために、月に1回はプロによるヘッドスパを!

頭皮は自分では見えない部分なので、定期的にプロによるメンテナンスを受けましょう。エステシモのヘッドスパが受けられるサロンでは、その方の髪の悩みに加え、頭皮の色、弾力、うるおい等から判断し、その方の状態にぴったりなヘッドスパを受けることができます。ヘッドスパは、日々のシャンプーでは落とせない汚れや、カラーリング等の薬剤を取り除き、プロ用の美容液でふっくらした頭皮に整え、毛髪の内部から補修し、髪密度を高めることで、うねりにくい髪に整えることができます。
いつまでも美しく健康な髪でいられるように、プロによる定期的なメンテナンスと自宅での正しいお手入れを実践してみてくださいね。

 

エステシモ ヘッドスパが受けられるサロンはこちら

頭皮から髪の今と未来を考える
エステシモ ザ・ヘッドスパ

毎日の習慣が未来の髪の自信になる
セルサート シャンプー&トリートメント
セルサート アウトバス